panama of planet walker

logo.png

header.png...........................................applogo.png........

Central America 中米
パナマ 

パナマ旧市街中心部は現在歴史保存地区であり、パナマ・ビエホ遺跡とともに世界文化遺産登録。新市街は市の中心部に位置近代的なビルが摩天楼のように聳える。

太平洋とカリブ海を結んでいる閘門式運河。長らくアメリカによる管理が続いてきたが、1999年12月31日正午にパナマに完全返還された。

カスコビエホ(旧市街)

1997年の12月に世界遺産にも選ばれた地区。

カテドラル

独立広場に面して建っている旧市街の象徴。1688年から百年以上の歳月をかけて造られた。内部は自由に出入りできる。

サンホセ教会

金の祭壇が祭られている教会。中央広場から見て一本西側の通りにある。ミラフローレス水門
パナマ運河の水門で、最も太平洋側にある水門。市内からはタクシーでUS$7.00。屋上がデッキになっており、そこから運河を通過する大型船を見学することができる。

カスコ・ビエホ

旧市街の一角にある歴史保存地区。独立広場前のカテドラル、パナマ市庁舎、サン・ホセ教会など、スペイン植民地時代の建物が集中し地区全体が世界文化遺産に登録。

フランス広場

カスコ・ビエホの東側にある広場。フランス大使館が正面。広場は2層構造になっている。広場は高台で運河の入り口や新市街の近代的なビル群が見れる。

.パナマ運河博物館

中を見てまわるには小一時間かかる。入場料は2$

その他の見どころ

16世紀はじめにスペイン人築いた太平洋岸で最も古い都市。2003年にはユネスコの世界文化遺産として登録。基本的に遺跡内は無料で見学できる、カテドラルの鐘楼は有料、$6.00。
行き方は新市街からタクシーで$3バルボアからパナマビエホ行きのバスでている。

アンコンの丘

パナマの大きな国旗はこのアンコンの丘の頂上にはためく。ここからの運河やアメリカ橋、旧市街、新市街が見渡せる。行き方は パイティージャエリアからタクシーで1ドル25~50プラス人数×25センターボ。
セントロからも歩いていけるが40分ほどかかる。タクシーで登ることが出来るのは途中まで。丘の頂上までは歩いて登る。

お勧めなのは飲茶。中華街の門から歩いて3分程の所に良心的な値段のお店あり。行き方はタクシーでバリオチーノ<Barrio Chino>といえば中華街の門までと。

アマドール

パナマ市内で唯一泳げるビーチ。パナマ市内の西端にある。近くに水族館があり、サイクリングコースにもなっている。

パナマ市近郊

海水浴が楽しめる島。宿泊施設Hotel Tabogaもあり。また島自体もそれほど大きくはない。行き方は18桟橋・Muelle18からArgo Tours社の船が運航している。船は1日3往復。所要時間は1時間。料金は往復で7ドル50センターボ。Muelle18へは新市街からタクシーで3ドル。

入国

空路、陸路いずれの場合もツーリストカードが渡される。カードに必要事項を記入し窓口に提出する。陸路での入国に関してはUS$5の手数料をとられる。出国はUS$1。

両替

米ドルが流通している。両替は銀行、両替所、ホテルなどで現金を両替できる。ATMも各都市にありドルで引き出せる。国際キャッシュカードでの引き落としも問題ない。

国際バス

メキシコのメキシコシティ、エルサルバドルのサンサルバドル、ホンジュラスのテグシガルパ、ニカラグアのマナグア、コスタリカのサンホセ、パナマのパナマシティを結ぶ国際バスのルートがある。 国際バスはアルブロック地区にあるterminal nacional de transporteに発着する。二階が到着、一階が出発。深夜でもタクシーが客待ちしている。

ticabus社

コスタリカからバスで入国、サンホセからはTic bus社で所要18時間、1日1本運行。サンホセ行きのバスは11時に出発。また、コスタリカのプエルトリモン県からもローカルバスが国境まで頻繁にでている。

コロンビアから船でパナマシティに入る方法がある。船長に交渉して船をシェアして行くという情報はあるが定期航路など詳細については不明。

タクシー

深夜でも安全。乗る前に値段の目的地を言って交渉をすること。市内はメーター制ではなく、ある地域までは同じ料金が設定されている。相乗りの場合、料金の目安は初乗り一人US$1.00で、複数人で利用する場合一人増えるごとにUS$0.25加算。さらに最初のゾーンを越えるとさらに一人当たりUS$0.25が加算。国営バスターミナルterminal nacional de transporteから新市街までがUS$2.50、カスコ・ビエホ地区(歴史保存地区)から新市街までがUS$1.50、新市街からパナマ運河のミラフローレス水門までがUS$8.00前後。

治安

歴史保存地区でもあるカスコ・ビエホとパナマの国旗がはためくアンコンの丘に挟まれた地域はパナマシティでも最も治安が悪い地域として知られ、犯罪が多発。

在パナマ日本国大使館
外務省海外安全ホームページ

一瞬で生まれ変わる一行がある

心に響く言葉が、あなたの人生を変える

男と女の本質がわかる      
試練を乗り越える勇気が芽生える
森羅万象をとらえる視界が広がる
生きるチカラがわいてくる

苦悩や憂悶の情にさいなまれている      
人の心に光が燈る新時代の電子哲学書

ぼんやり哲学

アップルストアより好評発売中!

LinkIconぼんやり哲学緑LinkIconぼんやり哲学青

LinkIconぼんやり哲学黄LinkIconぼんやり哲学紫