mexco of planet walker

logo.png

header.png...........................................applogo.png........

Central America 中米
メキシコ

メキシコの見どころ

中央広場のあるソカロ周辺の歴史地区

街の中心部ソカロ(コロニアル建築が並ぶ街の中心部)、テンプロ・マヨール(アステカ帝国の神殿跡)、
メトロポリタン・カテドラル(南米最大級の教会)、メキシコ独立の舞台だった国立宮殿(リベラの壁画「メキシコの歴史」)、三文化広場(16世紀のサンチャゴ教会、アステカ時代のトラテロルコ遺跡、現代の高層団地)。特に国立人類学博物館は必見!
メキシコシティ政府観光局HPはこちら!

テオティワカン遺跡

太陽のピラミッド、月のピラミッド、ケツァトルコアトルの神殿、ケツァルパパロトルの宮殿、ジャガーの宮殿など。テオティワカン (Teotihuacan)とは、メキシコシティ北東約50キロの地点にあり紀元前2世紀から6世紀まで存在した巨大な宗教都市遺跡。当時のアメリカ大陸では最大規模を誇っていた。テオティワカンとは、「神々の都市」という意味で、これは後にこの地にやってきたアステカ人が命名した。古代都市テオティワカンとして、1987年に世界遺産(文化遺産)に登録されている。
行き方はメキシコ・シティの北方面行きバスターミナルから、バスが出ている。所要時間:約1時間。遺跡入口で下車。 * 毎日7:00~18:00まで* 入場料 / US$2.50(30ペソ)

メキシコの首都、メキシコシティから南西に約300キロの太平洋岸に位置する。海岸沿いに大規模なリゾートホテルや豪華な別荘が立ち並び、世界中から人口の10倍以上の年間数百万の観光客が訪れる、古くから世界的に知名度が高いリゾート地である。エルヴィス・プレスリーが主演した映画「アカプルコの海(Fun In Acapulco)」、1963年/パラマウント映画作品)の舞台としても有名であり、他にも、その風光明媚な土地柄から多数の映画のロケ地として使用されている。また、1968年に開催されたメキシコシティオリンピックのヨット競技が、アカプルコで開催された。
松任谷由美の「ホリデーは憧れのアカプルコ♪」という歌でも有名。1950年代にはアメリカ人が大挙して押しかけていたが現在はその地位をカリブ海沿岸のカンクンに奪われている。だが、週末はメキシコシティーの人たちで賑わいをみせる。空気の薄い高原にあるメキシコシティーからくると、空気の濃厚さと赤道近くの暑さを実感できる。
行き方はメキシコシティーの南方面バスターミナル(Central Camionera del Sur)からバスが出ている。いろいろな会社が運行しているがEstrella de Oro社は片道180ペソ。この会社のバスは,アカプルコのEstrella de Oroバスターミナルにつきますが、このターミナルはもうひとつのターミナルEstrella de Blancaよりホテルゾーンに近いところにあるので便利。

グアナファトは16世紀半ばの銀鉱脈発見で建設された植民都市。メキシコでも豊かな銀山に恵まれ、スペイン植民地時代の美しいコロニアル建築で有名。歴史的な市街地と近辺の銀山はユネスコ世界遺産に登録されている。グアナフアトという地名は先住民族のタラスカ族の言葉、「カエルのいるところ」(Quanax-juato)が語源である。
ファレス劇場、プエブロ博物館、グアナファト大学、ミイラ博物館、口づけの小道、ピピラ記念像(ピピラの丘)など。1988年世界遺産登録。メキシコシティから北西に約400kmに位置している。北方面バスターミナルからバスがでている。時間は約5時間。空港のあるレオンからバスで約1時間。

コロニアル建築が立ち並ぶ歴史地区、昔ながらの文化や風習を守るインディヘナが多い。市内歴史地区と共に世界遺産に登録されたモンテ=アルバンは市の郊外に位置している。モンテ・アルバン遺跡。サントドミンゴ教会、オアハカ文化博物館など。メキシコシティからバスで6時間。北方面、東方面、南方面のバスターミナルからバスが運行している。

プエルトエス・コンディード

メキシコを代表するサーフエリア。強烈にホレ上がるビーチブレイクとして世界最大級のチューブを誇る。メキシカンパ イプラインと呼ばれるシカテラビーチを有する。メキシコシティから12時間。オアハカから9時間。アカプルコから9時間。ポチュトラから2~3時間。

のどかなヒッピーの聖地。心と体の解放区。海の幸が新鮮な静かな漁村。ポチュトラからバスで15分。

ヒッピーの沈没地。時間の流れを忘れる秘境。ヌーディストビーチがある。ポチュトラから乗り合いタクシーで20分。

マヤ遺跡の至宝「パレンケ遺跡」へのアクセス拠点として知られている。郊外にはマヤ遺跡の「ボナンパック」(彩色壁画で有名)や「ヤシュチラン」(ジャングルの中の宗教都市)などもある。
パレンケ遺跡には碑文の神殿(パカル王の墓発見)、頭蓋骨の神殿、宮殿、十字架の神殿、太陽の神殿などがある。特にパカル王の地下墳墓発見はマヤのピラミッドに「王の墓」の役割があったことを示す証拠となり、マヤ文明研究に一石を投じることになった。バスでパレンケから3時間。メリダから8時間。メキシコシティから北方面、東方面バスターミナルからもでていて14時間。カンクンから13時間。

メキシコ南東部カリブ海沿岸のリゾート地。年間で300万人を超える観光客やセレブリティーが訪れる、世界的に知名度が高いリゾート地。近くに世界遺産のチチェン・イッツァや、リゾート地のシカレ、シェルハ、遺跡のトゥルムなどがある。ホテルゾーンとダウンタウンに別れており、ホテルゾーンの周りには100軒を超える高級リゾートホテルや豪華な別荘が立ち並ぶ。

イスラムヘレス

カンクン沖合いに浮かぶバッグパッカーが多い小さな島。シュノーケルでジンベイザメ・ウォッチングができる。カンクンの7つの港からフェリーや小型ボートが運航している。

古代マヤ遺跡。ピラミッド、戦士の神殿、頭蓋骨の台座、ジャガー神殿、球戯場、聖なる泉(セノーテ)。天文台、尼僧院、高僧の墳墓など。カンクンからバスで3時間。メリダから2時間。

チチェン・イツァーと並ぶマヤ文明を代表する大遺跡。1996年ユネスコの世界文化緯線に登録。メリダからバスで1時間。

美しい白砂の海辺にあるのマヤ遺跡。海水浴と遺跡観光が同時に楽しめる。カンクンからバスで2.5時間。チェトマルから4時間。





メキシコの日本人宿

*日本人宿でグーグルマップに所在地が反映されないものがあります。各宿のURLか電話で直接、ご確認をお願いいたします。

メキシコシティ

ペンションあみーご

Address : Ponciano Arriga12 Col Tabacalera Mexico D.F.
料金   : 一泊一人80ペソ(初日のみ)二泊目以降は70ペソ (日曜以外は朝食付)
Tel(Fax): 546-7641( 546-7661)
アクセス : 地下鉄のレボルシオン駅からアリアガの通りを独立記念    
        塔に向かって左側。黒い扉に日本の国旗が目印。
特記   : 調理設備有。日本の書籍多数有。情報ノート有。荷物の預かり可。情報ノート有。

メキシコシティ

サンフェルナンド

Address : Plaza de San Fernando No.13,Col.Guerrero,MEXICO D.F.
料金  : ドミUS$7-9 S US$12-20 T 20-30
E-mail  : sanfernando@mail.goo.ne.jp
URL   : http://sanfernando.go2.jp/
アクセス : 地下鉄2・3番線、HIDALGO駅からAV.HIDALGOを西に
徒歩2分。
特記   : オーナー日本語可。日本人スタッフも居る。キッチン、
冷蔵庫、洗濯機使用可。日本語書籍有。日本語情報
ノー ト有。インターネット有。
コメント : 設備は綺麗。頼めば日本食の夕食サービスもある。社
会人や女性客も多い。

カンクン

カーサ吉田

Address : SM23 ROBLE73 CANCUN tel: 84-0554
料金   : ドミUS$7(朝食付)
アクセス : バスターミナルからウシュマル通りを北西に約3分、
KFCの向かい側。
特記   : カンクンで安く泊まりたい人にはオススメ。

カンクン

ロサス7

Address : SM 22 M 23 CALLE ROSAS 7 CANCUN
Tel    : (998)887-9028  MOBILE: (998)198-6702
料金   : ドミ100ペソ(2泊目90ペソ、1週間で1泊無料)、
個室AC S150ペソ(T260ペソ)
E-mail  : cancunrosas7@yahoo.co.jp
アクセス : バスターミナルから徒歩3分。カンクンセントロの好立地
に在ります。
特記   : インターネット、Wi-Fi、洗濯機。

コスメル島

コスメル カサ・コスメレーニャ

Address : 5Av Bis No.900 Esq Calle13 Cozumel
Tel    :  01-987-872-7089(コスメル内01-987不要)
料金   : 1泊120ペソ(804円) ※ドミトリーのみ全6ベット ※朝食付
URL    :  http://www.geocities.jp/casacozumelena/
特記   : 2008年OPEN。情報ノート。キッチン。日本語書籍。荷物預かり無料。WIFi無料。洗濯(有料)30ペソ。自転車・シュノーケル有料レンタル。

サンクリストバルラスカサス

カサカサ CasaKasa

Address : Cerrada Brasil No.6B Barrio de Mexicanos (Calle Brasil y Rio Mexicano)
料金   : 45ペソ(約320円)
Tel    : 01-967-674-50-80
URL   : http://www.geocities.jp/sancristobal_casakasa
アクセス : Calle Brasilを西へ向かうとCerrada Brasilと呼ば
れる数本の路地に突き当たる。そのうちの、
Rio Mexicanoという川と交差する路地に立地。
特記  : 情報豊富。人気の宿。

メキシコ.png

ガイドブックでは味わえない
臨場感が85円で手の中に!
秘境を歩く『世界の旅』
好評発売中!
1シリーズ15分以上のボリューム。
150枚の写真と詳しい解説で
現地の名所を案内。
観光ポイントは地図と連動。
見れば行った気になるiPhoneAPP。
旅の下調べにも最適!

日本とメキシコはビザ免除協定を結んでおり観光目的なら180日までビザの必要はないが代わりに「ツーリストカード」という書類が必要。普通は入国時に90日の滞在許可がもらえ、移民局で最長180日まで延長が可能。ツーリストカードはメキシコ行きの飛行機内でもらえる。180日以上滞在する場合は一度メキシコ国外へ出て、再入国しよう。

ルートと移動手段

国際線、国内線の両方がベニート・ファレス国際空港から発着し,メキシコ及び中南米最大級の国際空港。中心部近郊にあり24時間運営している。中南米におけるハブ空港であり、メキシコ国内から諸外国への乗り継ぎだけではなく、南北アメリカの主要都市間や、南米諸国とヨーロッパ諸国の主要都市などとの間の乗り継ぎに多く利用される。
このため、空港ターミナルに直結したホテルが用意されている他、多くのカフェやレストランも営業している。
空港内にはホテルインフォメーションがあり、中級以上のホテルがホテルで予約するよりも安く予約ができる(ホテルによっては15~30%と割引に幅がある)。空港内には両替所、24時間ATMもある。

空港から市内へ

タクシー

空港タクシーはセダンとバン、コレクティーボの三種類。空港のチケット売り場には数社が連なっている。個人旅行者には大きすぎる大型のコレクティーボのみの扱いの会社もあるので確認が必要。チケットを買うときはセダンの車といわないと大型車のチケットを買わされるので注意。税関出口を出て、少し左に進み、また左に進んだ少し奥まったところにチケットブースがあるがわかりずらい。料金は行き先の地域ごとにいくつかランクがある。メキシコシティ旧市街(ソカロ)まで73ペソ(約840円)、新市街(ソナロッサ)まで110ペソ(約1270円)。タクシー乗り場は、国際線税関出口(Eエリア)を出て左に行ったDエリア付近にある。ポーター結託している白タクもいるので、気をつけよう。

地下鉄

地下鉄の駅は、国際線税関出口(Eエリア)を出てずっと西側、左に行ったAエリアをさらに進んだ歩いて10分ほどのところにTerminal Aerea駅がある。市内中心まで行くには2、3回乗換えしなければならないので面倒。運賃は安く何度乗換えても1.5ペソ(約18円)。ただし夜はスリが多いので要注意。
地下鉄は市内の主要な観光地にアクセスできる。

長距離バス

国際線税関出口(Cエリア)付近から、近郊の町(クエルナバカ・トルーカ・プエブラ・ケレタロ・パチューカなど)それぞれ1時間に1本ほどダイレクトに長距離バスが出ている。クエルナバカへは所要1時間半70ペソ(約810円)、トルーカへは所要1時間半53ペソ(約610円)。

市民の脚

ミニバス

ミニバス、市バスはカオミンいい、市内を縦横無尽に走っている。行き先はフロントに書かれている。スペイン語が話せないと、思ったところに行くのは難しい。混雑時はスリに注意。

市内のタクシー

指定ブースにあるシティオ、市内を流しているリブレとある。後者はタクシー強盗に遭う場合もあり、避けたほうが無難。

バスでの各地所要時間

メキシコ・シティには4つのバスターミナルがある

メキシコのバスは時間に正確で路線も充実している。バスターミナルには24時間対応のATMやカフェ、売店などがある。夜行バスは冷房が効きすぎることがあるのでブランケットは必需品。バスターミナルには数多くのブースを構えたバス会社が連なっている。
デラックスのLojo,Ejecutivo、一等のPrimera,Superior、二等のSegunda,Ordinarioのクラスがあり、等級によって値段、車両、スペース、食事などのサービスに隔たりがある。発車時間、行き先、クラス、値段を数社チェックしてから購入しよう。

一等バスチケットの予約

一等バスチケットの予約販売はTICKET BUS。主なバス会社のチケットを市内のカウンターで購入できる。

北方面バスターミナル
Terminal Central Autobuses del Norte

北バスターミナルはメトロ5号線Autobuses del Norte駅下車。

東方面バスターミナル
TAPO(Terminal de Autobuses de Pasajeros de Oriente)

メトロ1号線San Lazaro駅下車。

西方面バスターミナル
Terminal Poniente de Autobuses

メトロ1号線Observatoro駅下車。

南方面バスターミナル
Terminal Central de Autobuses del Sur

メトロ2号線Tasquena駅下車。改札を出て案内に沿って階段を下って約2分。

メキシコシティ発所要時間

グァダラハラ 6,55H
アカプルコ 6,00H
ベラクルス 5,30H
メリダ 19,00H
グァナファト 4,50H
カンクン 23,00H
オアハカ 6,00H
S.C.デ ラス カサス 16,50H
プエルトエスコンディード 14,50H

オアハカ発バス所要時間

プエルト エスコンディード 9,15H
メキシコシティ 6,30H
S.C.デ ラス カサス 13,30H
ベラクルス 6,30H
パレンケ 14:00H
カンクン 24:00H

カンクン発バス所要時間

メリダ 3,30H
ベラクルス 17,00H
チェトゥマル 5,00H
メキシコシティ 23,00H

パレンケ発バス所要時間

カンクン 14.00H
チェトゥマル 7.00H 
S. C. デ ラス カサス 3.45H
トゥルム 11.00H
オアハカ 14.00H
メリダ 7.30H
メキシコシティ 12.30H

オアハカ発バス所要時間

チェトゥマル発越境バス所要時間
ベリーズシティ 3~4H

陸路での国境越え

出国税

メキシコの出国税は10ドル

ベリーズへ

ベリーズのビザは事前に取得しておいたほうが無難。チェトマルからベリーズ・シティまで6時から10時まで4時間、100ペソ・1200円。カンクンバス・センターからベリーズ・シティまで合計で10時間、3700円かかった。ベリーズのビザは事前に取得しておいたほうが無難である。国境でも取得はできるが、20分ほど時間がかかる場合がある。ベリーズ入国ビザはUS60$。チェトマルからベリーズ・シティまでの国際バスでは、バスの運転手が待ちきれず、ビザのない旅行者を置き去りにしてローカルバスでベリーズ・シティまで行くハメになった旅行者もいる。国境からベリーズシティまでローカルバスでは約7時間。

ガテマラへ

シウダー・クアウテモックから

シウダー・クアウテモックのバス停の向かい側にメキシコ側のイミグレがある。そこでスタンプをもらうとグアテマラ側のイミグレのあるラメシヤへは4キロほど離れているので乗り合いタクシーで行く。

バレンケからコロサルへ

パレンケからコロサル経由でティカル遺跡のアクセスに便利なフローレス行きのシャトルバスがでている。

タパチュラから

タピャチュラからグアテマラ・シティまでは6時間。バスチケット150ペソ。タパチュラから国境まではバスですぐ。バスはグアテマラ側で待っている。手続きを終えたら徒歩で国境を越え、そのバスに乗り込めむ。メキシコ側の出国手続きはスムーズ。問題はグアテマラ側。国境を越えると両替屋や子供らが押し寄せる。子供は金目当てなので相手にしないこと。

治安について

大使館からの「邦人被害の犯罪発生状況」によると観光客だけでなく、メキシコに住んでいる方も多く被害にあっている。「車を運転中にパンクさせられ、かばんを盗られる」とか置き引きやスリ、ナイフで強盗に脅された例も多い。基本的には「自己防衛」するしかない。危ない地域に近づかない。早朝や夜遅く出歩かない、夜の一人歩きはしない。あやしいタクシーには乗らない、人ごみを歩くときは注意する、。タクシー強盗、バスや地下鉄のスリには十分注意が必要。

一瞬で生まれ変わる一行がある

心に響く言葉が、あなたの人生を変える

男と女の本質がわかる      
試練を乗り越える勇気が芽生える
森羅万象をとらえる視界が広がる
生きるチカラがわいてくる

苦悩や憂悶の情にさいなまれている      
人の心に光が燈る新時代の電子哲学書

ぼんやり哲学

アップルストアより好評発売中!

LinkIconぼんやり哲学緑LinkIconぼんやり哲学青

LinkIconぼんやり哲学黄LinkIconぼんやり哲学紫