honduras of planet walker

logo.png

header.png...........................................applogo.png........

Central America 中米
ホンジュラス 

ホンジュラスの見どころ

中米のマヤ文明を代表遺跡。ホンジュラスの西、グアテマラとの国境そばにある。980年には世界文化遺産に登録。コパン・ルイナスからアクセス。サンペドロ・スーラから、1日10本、バスが運行している。ガテマラのチキムラからも毎時1本、運行。街にはマヤ考古学博物館があり出土品を見ることができる。グアテマラのアンティグアへ13時半と18時発でシャトルバスが運行している。

ダイビングスポットとして人気が高い。ロアタン島は素朴な町。島の人々は陽気で物価が安くバックパッカーに人気が高い。マリン・アクティビティが充実しているリゾートホテルが多い。日本人にも人気の島。バイア諸島で一番小さいウティラ島は海はイマイチだがダイビングライセンスが安く取得できる。

中心部にカテドラルのある中央公園があり、その周辺にはホテルやレストラン、銀行などが集まっている。マヤ遺跡出土品が陳列された人類学歴史博物館がある。夜はほとんどの店が閉まり治安は悪い。コパン遺跡やバイア諸島など国内の観光地へのアプローチもいい。見どことはホンジュラス最大の湖であるヨホア湖。カリブ海に面して建つオモア要塞など。中央バスターミナルから各地へとバスが運行している。

カリブ海を見下ろす高台にあり、大砲を備えたスペイン植民地時代の要塞跡が残っている。トルヒーリョ湾を挟んで反対側にあるプエルト・カスティージャの先端のプンタ・カシナスは、コロンブスが航海の途中に立ち寄った場所。トルヒーリョの白砂のビーチは外国人観光客や地元の人々でにぎわう人気のリゾート。町の北側に広がるビーチは海も穏やかで白砂が美しい。バス発着所から市内ねは乗り合いタクシーで15分。

町の中心部は中央公園でバスターミナルからのタクシーや市バスが発着する。カリブ海沿岸で国内最大の港町。毎年5月の第3~4週に中米最大規模のカーニバルが行われる。ダイビングの免許取得ではダイビングスクールは宿泊施設を併設しているところが多く、宿泊は割引サービスもある。中心部から自転車を10分ほど行くと、西外れの岬の先端に白いビーチがあり、レストランもある。行き方はテグシカルバから1日7本、所要時間6時間、サン・ペドロ・スーラから毎時1本、所要時間3時間半でバスが運行している。
ロアタン島へはgalaky wave社の船が7時と14時に運行。所要時間2時間。ウティラ島へはutila princes社が6時20分と14時に運行。所要時間1時間。

政治経済の中心地。中心部の中央公園に面して建つカテドラルがあり、2ブロック北西にある荘厳なドローレス教会がある。テグシカバには中央バスターミナルのようなものはない。コヤマグエラ地区近辺にバス会社が集まり、各地へと運行している。


ホンジュラスの日本人宿

EL PARAÍSO DE OMOA

Address  : Bo La Playa Atras de Pulp. Daniela, Omoa, Cortes Honduras C.A
料金    : 【予約有】ドミ60L、ハンモック50L、個室120L、(予約なしは各2倍)※1L=19L
TEL&FAX:    :9817-8436
E-MAIL   : elparaisodeomoa@gmail.com
SkypeID    : omoahonduras
アクセス  :  Omoa Centroかビーチから、砦近くでビリヤード台を置いているPulperia(食品雑貨屋)Glorieta Brisas del Castilloまで行くとそこから徒歩1分以内。すぐ裏手。
特記    : ホンジュランスで最初の日本人宿。朝食は有料。洗濯機・ネットあり。

ビザ

観光、ビジネスとも日本人は最長90 日までビザなしで滞在可能。ただしグアテマラ、ニカラグア、エルサルバドルを含む4カ国での合計日数となる。ホンジュラス入国時は30日までの滞在許可。

入国

空路、陸路いずれの場合もツーリストカードが渡される。カードに必要事項を記入し窓口に提出する。陸路での出入国に関してはUS$3の手数料をとられる。ただし、人によってはとられない人もいる。このあたりの基準はあいまいのようだ。

両替

両替は銀行、両替所、ホテルなどで米ドルの現金、 T/Cとも手数料なしで両替できる。グアテマラなどの隣国の通貨から両替する場合は、銀行よりも国境付近にいる両替商のほうがレートがよい。
ATMも各都市にあり、国際キャッシュカードでの引き落としも問題ない。

バス

市バス

市バスは乗り合いのミニバスから大型まで運行。夕方以降は本数が少ない。

テグシカルバから各地へ

サン・ペドロ・スーラ 5時半から18時半 毎時2から3本。所要時間4時間。
ラ・セイバ 所要時間6時間。
トウヒーリョ 7時15分発と10時45分発 所要時間9時間。
エルパライソ 5時から18時 毎時2。所要時間2時間。

サン・ペドロ・スーラから各地へ

テグシガルバ 5時45分から18時10分 毎時2から3本。所要時間4時間。
ラ・セイバ 5時45分から18時 所要時間3時間半。
アグア・カリエンテ 6時、8時半、10時半、12時半。所要時間6時間。

国際バス

メキシコのメキシコシティ、エルサルバドルのサンサルバドル、ホンジュラスのテグシガルパ、ニカラグアのマナグア、コスタリカのサンホセ、パナマのパナマシティを結ぶ国際バスのルートがある。

ticabus社ticabus社

治安

強盗などの凶悪事件はテグシカバなど都市部を中心に多発している。夕方以降の外出は控えよう。バイア諸島など島は、それほど治安は悪くはない。

在ホンジュラス日本国大使館
外務省海外安全ホームページ

一瞬で生まれ変わる一行がある

心に響く言葉が、あなたの人生を変える

男と女の本質がわかる      
試練を乗り越える勇気が芽生える
森羅万象をとらえる視界が広がる
生きるチカラがわいてくる

苦悩や憂悶の情にさいなまれている      
人の心に光が燈る新時代の電子哲学書

ぼんやり哲学

アップルストアより好評発売中!

LinkIconぼんやり哲学緑LinkIconぼんやり哲学青

LinkIconぼんやり哲学黄LinkIconぼんやり哲学紫