colombia of planet walker

logo.png

header.png...........................................applogo.png........

South America 南米
コロンビア 

コロンビアの見どころ

ボゴタは標高が2000メートルを超えるアンデス山脈の盆地にある。空気が薄く、昼夜の気温差が激しい。高層ビルが並び南米でも有数の大都市。治安はそれほど悪くはない。
旧市街には多くや美術館や博物館等が点在している。カンデラリア地区は古いコロニアルな街並みで風情がある。モンセラ-テの丘にはロ-プウェイ、ケ-ブルカ-で行くことができる。丘の頂上でボゴタ市内が一望でき、教会やレストランがある。
空港はら市内へアクセス エル・ドラード国際空港から市内へはバスが出ている。

黄金博物館 (MUSEO DE ORO)

黄金博物館には植民地以前のエクアドルにまで及ぶコロンビア各地の文化の金の装飾品が3万3000点収められエル・ドラード伝説に浸ることができる。入り口にはコロンビアの植民地以前のサンアグスティン文化の石像がありサンアグスティンでもタイロナ文化でも金で作られる偶像はアントロポソーモルフォス (動物と人間の一体化)という特徴がある。
場所:Calle 16 No 5-41営業時間月用から土曜9:00~19:00、日曜祝日10:00~17:00

ボゴタのバスターミナル

バスターミナルはセントロから13kmの距離がある。AV.ヒメネスからバスターミナル行きのバスがでている。

シパキラ

ボゴタから車で約1時間の近郊、シパキラは岩窟の広い空間の中に塩でできた教会がある。行き方はセントロから終点のPotal del Norteまではバスで移動。Calle72で乗り換え。終点で降りるとすぐ目の前がシパキラ行きバス待機所。シパキラのバスターミナルから岩塩教会までは徒歩20分。

カルタヘナ

かつて南米全土から集められた金銀財宝、食料、香料などの物資はカルタヘナからスペインに送られていた。16~17世紀に物資を海賊や他国から守るため砦と城塞が築かれた。城壁に囲まれ街中は中世の風情が漂う。レストラン・ホテル等が並び広場でダンスや演奏を行っている。サンタ・クルス・モンポスの歴史地区は世界遺産に指定。
海沿いの半島はボカグランデと呼ばれる新市街はビ-チにリゾ-トホテルが建ち並ぶ。
泥温泉で有名なトトゥモ火山温泉はカルタヘナから車で約1時間半。泥温泉は下に足がつくことがないが、中東の死海のように体が浮く。
ボゴタからカタルヘナへは多数のバス会社が運行している。出発直前に買うとディスカウントに応じてくれる。バスターミナルで運行会社を数社まわり値段と出発時刻を確認しよう。カルタヘナのバスターミナルは街の中心から約10km離れている。セントロから東に向かいバスターミナルの方面の橋を渡った場所でターミナル行きのバスが通る。

カリ

コロンビアの中で2番目に人口の多い町。アンデス山脈の中腹、標高約1000メートルの場所に位置。標高が高く、赤道に近い気候の良い。また、陽気なカリの人たちの町でサルサが盛んな町として知られている。
メインストリート・アベニーダセスタにサルサが踊れる店が連なる。また、市外のファンチートにもサルサの踊れるディスコが多くある。
行き方、バスでボゴタからカリまで約11時間。エクアドル国境のイピアレスからカリまで約9時間。ボゴタからカリの間は山道で道が悪い。
カリのバスターミナルはセントロから約2km離れている。
サンアントニオ
カリの町を一望できる教会。夜は美しくライトアップされる。

エルミタ教会

セントロにあり、夜は青色にライトアップされる。

トレス・クルセス

カリのシンボルとなっている丘にそびえる3つの十字架。夜はライトアップされ3つの十字架を丘の頂上に見ることがでる。

ファンチートJuanchito

カリの市外東側にあるディスコが10軒ほど集まったサルサテカ。
Carrera8をまっすぐにAV Ciudad de Caliを超えた橋を渡ったところ。
治安にやや問題あり。

日本人協会

カリは日本人が70年以上前から移住をはじめた町で日系人協会がある。場所:AV 10N con Calle14 。

ビージャ・デ・レイバ

化石と石畳の美しい町。トゥンハから国境の町ククタの間にある。ワイナリーがあり、旨いワインを楽しめる。

コロンビアの日本人宿

ボゴダ

Hotel Aragon

Address :  Carrera 3 No. 14-13 Bogota,D.C.Colombia
料金   : 35000ペソ(1950円)/室  ※シャワー・トイレ共同
Tel    : +57-091-342-5239
アクセス : 旧市町の中心地から徒歩5分ほど。Calle14通りとCarrera3通りの角 。
特記   : 情報ノート有。キッチン。雰囲気・清潔度、雰囲気は良い。

入国

コロンビアへの空路入国の場合は、規定では往復チケットを持参していないと入国は不可能とされ、入国の際の荷物検査も厳しく行われる。パナマの旅行代理店では往復のチケットを買うよう強く言われたが、片道チケットで入国できる場合もあるが、ただ、片道チケットでコロンビアに入国できずに、パナマ・シティに追いされた旅行者も実際にはいるのでリスクはある。

両替

米ドルが流通している。両替は銀行、両替所、ホテルなどで現金を両替できる。ATMも各都市にありドルで引き出せる。国際キャッシュカードでの引き落としも問題ない。

バス

国内バス

国内のバスルートが非常に発達している。バスターミナルterminal de transporteは市内から8km。ボコタはバスの起点といえる。路線によっては数社が競合するくらいバスの本数も多く、都市間を移動するのに便利。 市内からバスターミナルへはav.caracas沿からフロントにTerminalと書かれたバスかコレクティーボに乗る。ボゴタからカリまで所要時間8時間。カタルヘナまで24時間。

タクシー

タクシーはメーターのついているタクシーはメーターと換算表がついている。夜と日曜祭日では値段が違う。メーターのないタクシーは乗車前に値段を確認すること。

国境越え

マイカオからベネズエラ・マラカイボへ

コレクティーボで国境越え

コロンビア側の国境の町マイカオからベネズエラ側の町マラカイボまで、コレクティーボで行くことができる。双方のイミグレで手続きの間、運転手は待機している。

国際バス(Expreso Brasilia)で国境越え

カルタヘナから国境を越えてベネズエラのマラカイボまで11時間。
カルタヘナで国際バス乗車時にボディチェックと手荷物検査有り。
コロンビア出国は出国スタンプのみ。荷物検査はない。
ベネズエラに入国するとイミグレでツーリストカードをもらいパスポートに入国スタンプを押す。荷物検査は、厳しく、荷物のほとんどを開けさせられ細かくチェックされる。コロンビアからの移動は犬による麻薬などの検査等、厳重である。その後、マラカイボまで数回の検問でパスポートチェックがある。

ククタからベネズエラへ

コロンビア側国境でスタンプをもらい、橋を渡り、ベネズエラ側のDIEXという入国管理局に出頭してスタンプをもらうこと。サンアントニオの街中にあるが、相当わかりづらいのでタクシーで行くほうが良い。パスポートチェックがないので地元の人たちは橋を自由に往来しているが、旅行者はここでスタンプをもらわないと出国できないので、必ず入国スタンプをもらうこと。
ボコタからククタへは途中の山賊が出る場合もあるのでちゃんとしたバスで行ったほうがいい。ボゴタからククタまでのバスは55000ペソだが、出発間際には交渉次第で大幅にディスカウントされる場合もある。

イピアレスからエクアドルへ

イピアレスからエクアドルのトゥルカンのルートは国境まで、コレクティーボが運行している。イピアレスから数キロで国境。出国管理事務所はの窓口は建物の外にある。橋を渡って、エクアドルの入国管理事務所は大きな旗が立っている奥の建物。入国カードに必要事項を記入する。エクアドル入国の際、バックパックから身体検査まで厳しく検査される場合がある。カリのバスターミナルからは4社が30分おきに運行している。6時から22時位まで。チケットは出発直前のものは割引してもらえる。イピアレスのバスターミナルには国境行きのコレクティボやタクシーが待機している。国境まで所要20分。エクアドル国境のイミグレを出ると最寄のバスターミナルがあるトゥルカンまでの乗合タクシーが待機している。人数が集まり次第出発で20分ほどでトゥルカンのバスターミナルに着く。

両替

国境に両替屋はいるが、コロンビア側の方がレートが良いが銀行レートに比べると悪いので必要な分だけ両替すること。

オススメ

アグアディエンテはサトウキビの蒸留酒でコロンビアの焼酎ともいえる。アルコール度は30%。レモンをかじりながら飲む。

治安

ボゴタも日中はそれほど悪くはなく、中心部も夜間は人通りが多く、不安はあまり感じない。ただし、カリのサルサテカ界隈など盛り場の治安は悪い。

在コロンビア日本国大使館
外務省海外安全ホームページ

一瞬で生まれ変わる一行がある

心に響く言葉が、あなたの人生を変える

男と女の本質がわかる      
試練を乗り越える勇気が芽生える
森羅万象をとらえる視界が広がる
生きるチカラがわいてくる

苦悩や憂悶の情にさいなまれている      
人の心に光が燈る新時代の電子哲学書

ぼんやり哲学

アップルストアより好評発売中!

LinkIconぼんやり哲学緑LinkIconぼんやり哲学青

LinkIconぼんやり哲学黄LinkIconぼんやり哲学紫