:belize of planet walker

logo.png

header.png...........................................applogo.png........

Central America 中米
ベリーズ 

ベリーズの主な見どころ

20以上のマヤ遺跡が点在し、グアテマラのティカル遺跡よりも大きいカラコル遺跡や、マヤ文化の中で最も高い建設物が残るシュナントニッチ遺跡がある。
海岸に沿って続く珊瑚礁は世界第2位の規模。絶好のダイビングスポットが多数あり、カリビアンのリゾートエリアでもある。「ロンリープラネット」でキーカーカーは中米のビーチBEST5に挙げられている。

バックパッカーが多い綺麗な島で宿も安い。車はゴルフカートがメインで物価はシティほど高くない。現地の人も朗らかで挨拶をしてくる。挨拶運動を励行しているのだろうか。ベリーズシティから船で40分。
あちこちにある旅行会社では、シュノーケリングやスキューバダイビングなどのさまざまなツアーが用意されている。ベリーズには世界で2番目に大きなバリア・リーフがり、ダイビングのポイントも多い。マナティーを見る一日ツアーは75ベリーズ・ドル、約4100円。これで2回のシュノーケリングも体験できる。

世界遺産にも指定され、毎年世界各国からダイバーが訪れる。ダイビングでは45メートルまで潜水可能。見どころは海中の鍾乳洞や、サメなどのいろいろな種類の魚を見ることができる。シュノーケルも楽しめる。
ブルー・ホールへは、ベリーズから小型飛行機で約1時間、サンペデロからはボートで約2時間。

カリビアンクルーズの乗継地でもあるベリーズシティの港には、外国人は無税で買い物ができる、ツーリスト・ビレッジがある。ただし、入館には、パスポートが必要。

ジンベイザメ・ダイビング 

毎年3~6月の満月の前後、ダイビングやシュノーケリングで海中に入れば大きさは10~30Mと度迫力の醍醐味。プランクトンを食べるためおとなしい。

ベリーズのキーで最大がサンペドロ。ベリーズ最大のリゾート地だが、町は非常に小さい。高層建築は皆無の南国の楽園。
国際線が乗り入れるベリーズ空港から、maya island社とtropic社の定期便のセスナが出ている。所要時間(15分)。ボートでは1時間。いずれも日没後は移動が不可能なので注意。
サンペドロは物価が高く、サンペドロの島民は、わざわざ隣のキー・カー・カーまで買い物に行く。

ベリーズ最北端の町。メキシコとの国境に近いためか、メキシコからの移住民が多い。マヤのサンタリタ遺跡、セローズ遺跡がある。サンタリタ遺跡へは、ベリーズ・シテク行きのバス乗り場を西側に2キロいったところで徒歩30分。タクシー(3ドル)で五分ほどまっすぐ行ったところ。セローズ遺跡はコロザル湾に向かい合うチェトマル半島にある。タクシーでもいけるがレイニーシーズンは船で渡る。50ドル。
コロザルからサンペドロへはtunder boat travei のフェリーが7時と15時に運行している。所要時間は2時間。22.5ドル

ベリーズシティから西に130キロに位置しバスで3時間。人々は、メスチソ(原住民とスペイン人の混血)がほとんどで、ベリーズ・シティとは人種も言語も違う。
サン・イグナシオは、街中にも郊外にもマヤ遺跡が点在している。グアテマラとの国境まで車で20分。グアテマラのティカル遺跡への日帰りツアーなども出ているが、グアテマラから行くよりも値段がかなり高い。

シュナントニッチ遺跡

サンイグナシオからBenque行きのバスかタクシーで約20分。遺跡のふもとの川べりから渡し橋で向こう岸に渡り、2キロほどのハイキングコースを歩く。

カラコル遺跡

ベリーズを代表するマヤ遺跡。公共の交通手段がなく、途中の道路も舗装されてなく、観光客はツアーを利用している。値段はUS$90。

カハルペッチ遺跡

サンイグナシオのバスターミナルから歩いて行ける。

入国にはビザが必要

30日有効で手数料はUS50ドル。ベリーズ・シティは標高が低いため台風が接近しているときは注意が必要。ベリーズの出国税は37.5BZドル。

交通

タクシー

市内にタクシーはあるが、値段は乗る前に交渉が必要。市内なら3ドルくらい。

バスは頻繁に各地へと運行している。
穂首はオレンジウォーク、コロザル経由でメキシコチェトマルへ。南部はベルモパン、ダンリガ、プラセンシリア経由でプンタ。コルダへ。西部はベルモパン、サンイグナシオ経由で、グアテマラ国境のベンケ、ビエホ、デル、カルメンへ運行している。

ベリーズ・シティ発から各地へ

ベルガモン 3時半から夜9時半 毎時1から2本 1時間半 2ドル
サンイグナシオ 5時から夜9時半 毎時1から2本 2時間半 5ドル
コロザル 5時半から夜7時半 毎時1から2本 3時間 4.5ドル

バックパッカーに人気のアイランド、キー・カー・カーへ大型ボートが頻繁にでている。所要時間は約1時間。料金は10ドル。
スイング橋東側からcaye caulker water taxiが、ツーリストビレッジの脇からsanpedro express water taxiが、裁判所裏の波止場からtriple Jが運行している。

中米の治安

中米諸国の中でコスタリカ、パナマは比較的治安は安定している。それ以外の地域では昼夜を問わず、スリ、ひったくり、強盗に遭わないよう注意が必要。ガテマラのガテマラ・シティは昼間でも市内を歩くと危険であり、犯罪被害に遭ったという旅行者は多い。また、ニカラグアのマナグアの国際バス停車であるマルサ・ケダサ地区のは強盗発生多発地帯であるので近づかないこと。

在ベリーズ日本大使館 [ch0]
外務省海外安全ホームページ

一瞬で生まれ変わる一行がある

心に響く言葉が、あなたの人生を変える

男と女の本質がわかる      
試練を乗り越える勇気が芽生える
森羅万象をとらえる視界が広がる
生きるチカラがわいてくる

苦悩や憂悶の情にさいなまれている      
人の心に光が燈る新時代の電子哲学書

ぼんやり哲学

アップルストアより好評発売中!

LinkIconぼんやり哲学緑LinkIconぼんやり哲学青

LinkIconぼんやり哲学黄LinkIconぼんやり哲学紫